2009年11月25日(水曜日)

八窓庵お茶会

カテゴリー: - 大西 @ 23時48分40秒

11月22日(日)奈良国立博物館内にあります八窓庵と呼ばれるお茶室でお茶会を行うということで

行って参りました。お茶会とはいっても勉強会の一環ですからまた少し雰囲気が違うのかもしれません。

今回はお茶会での席入りからの一連の流れを勉強します。

まず待合いで亭主から案内があるまで時間を過ごします。

待合

正客と次客の間にはたばこが吸えるようなってます。(禁煙ですけど)

待合いは席入りをするまでの時間を過ごすところ。客はここで露地の風景を楽しみながら席入りを

待ちます。この待合いの前は池があります。

そして亭主へ案内され茶室へと向かっていきます。

席入り

小橋をわたり茶室へ

露地門

露地門をくぐると茶室の前には手水鉢があり、客はここで手と口を清めます。亭主は鉢の中に美しい水を

張っておきます。一度に席入りするのは6人で、バケツ1杯分の水でみんなが清めなければなりません。

左手、右手、口そして持つところの順ですが、後の人のために水を一人で使いすぎてはなりません。

躙り口

いよいよにじり口より席に入ります。左に見えるのが塵穴というもので、その名の通り塵を入れる

穴です。しかし、実用はせずその穴には緑を添え、一つの点景にします。

塵穴

これもひとつの粋な計らいとでもいいましょうか。

にじり口は人がかがんで入る程のスペースしかありません。千利休が武士に頭を下げさせる為だとか

いろんな説はありますが、狭い入り口から入ることで茶室の奥行きを出す意味もあるらしい。

にじりは正客から順にはいります。一寸だけ戸があけてあります。

茶室にまず一礼をし床へと進んでいきます。入ったあと履き物は次の客がそろえて石の台(にじり石)からよけてあげます。

その時は履き物をにじり石からよけようとする先客に、次の客が「どうぞ」と言うようなやりとりがあります。

入室後は、床の間の掛け軸、花に一礼し、拝見をします。そして茶釜の拝見をし席に着きます。

最後の客が入室をし、にじりの戸を閉める時は「トン!」と音が聞こえるように閉めます。

その音を合図に主人がお手前に動き出します。

そして主人のお手前でお茶を頂いていくわけです。

お手前のひとつひとつの作法の美、客同士の心配りというものが常にあります。

お茶の世界。とても堅苦しい世界なのかもしれません。しかし、主人の客に対する気遣い、気配りやそれに答えるお客。

主客どちらももてなしの心がなければ成り立たないこの主客の関係というものはとても美しく思えました。

形ではなくその心というものをもっと知りたいと思います。そして自然にそんな心がけが出来るような人間になりたいと

思います。


経営革新セミナー 3日目

カテゴリー: - 大西 @ 23時16分06秒

最近、少々体調が悪くて久しぶりにパソコンを開きました。

県青連ホームページ井上会長ブログには早々に記事をあげてくれてました。井上会長ありがとう!!

さて、19日3週続いた経営革新セミナーの最終日となりました。今回は場所も吉野山の芳雲館へ移動です。

今回、場所を提供していただいた、芳雲館は今年度に新しく入部してくれた増田君の事業所です。

どうもありがとう!!また井上会長と斑鳩青年部副部長の青山さんも参加して頂きました。

 先週、先々週とデスクワークをおこないましたが、最終日は締めくくりとして、中井顧問、(株)ユニティの梅本さん、

井上県青連会長の3名の事例発表のプレゼンテーションをしていただきました。

うまい具合に中井顧問は「経営革新」を、梅本さんは「第二創業」、井上会長は「事業承継」の三本柱と

あいなりました。

 まず、石川先生の進行で今回初参加の方のために先週までの簡単なおさらいをしていただきました。

石川先生

そして中井顧問の発表です。中井顧問は代々続く林業家ですが、近年の林業、木材業の状況や将来に

常々危機感を抱いておりました。その中井顧問が青年部長時代に出会った経営革新のセミナーに参加した

ことをきっかけに自分のため、そして青年部員への道筋のため経営革新認定取得へ取り組まれました。

認定を取得後は自分がすべき事がより明確になり、事業活動もよりどん欲に行えているそうです。

中井プレゼン

威風堂々と発表される姿はさすがでした。

 二番目は「第二創業」の梅本さんの発表です。僕の同級生で佳代ちゃんと呼んでいます。

女性でありながらJCでも活動している活発な彼女です。今日は着物で登場してくれました。

彼女は老舗化粧品店の長女であり、跡継ぎでありました。しかし、自分の道を探るべく、フラワーアレンジメント

の道へ進む。結婚、出産を機にお花の道は断念したものの、家業の仕事でのお客様の声から美容整体という

新しい道を見出しました。そして彼女は吉野が大好きでこの吉野の為に何かをしたい事もあり、あえて橿原市という

吉野でない場所で、創業を決心したそうです。何かをしようとすると必ず助けてくれる人がいた!?と言う彼女は

「海に飛び込んだら浮き輪を投げてくれる人がいる」と言う名言を披露してくれました。

梅本プレゼン

いつも夢を持ちながら過ごしてきた佳代ちゃんのマル秘の「夢地図」。その時々のビジュアルスクラップで

その時の夢をいつでも再確認出来ます。マル秘なのに出しちゃった。(゜_゜;)

 そしてトリは井上会長です。青年部だけのメリットとはなんなのか?青年部でも町の為のこんなことが

出来る!熱く部員のみんなに語ってくれました。そして「事業承継」では娘を社長にするためにはどうすれば

いいのかを考えながら事業形態を変えていった話や経営革新での新事業、地域資源活用で考えている事業

など、どこまで考えてんねん!て感じでした。というか彼の場合は事業承継や経営革新認定といったものは

ただのツールに過ぎないのだろうなと思いました。商売人です。

井上プレゼン

最後に石川先生に総括をして頂きました。三人の共通点はなんぞ?

「人を巻き込む力」を持っていることだそうです。

でも僕は間違いなくこの三人は「常に人に情報を発信している」事だと思いました。

付け加えて「人の為に何が出来るか?」を考えている人たちだと思います。

これ、最近の僕の信ずるボキャです(笑)

 産業研修委員会の皆様ながいスパンの実のある事業をして頂いてありがとうございました。

次回役員会では早速第二弾を考えていきましょう!!

¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

セミナーの後は部屋を変え懇親会が開催されました。

この懇親会はセミナーの打ち上げの他に新入部員獲得のためでもあります。

中央木材の石橋君と太鼓判の東君が参加してくれました。セミナーに参加してくれてた坪岡君は

用事があり懇親会は欠席でした。今度は待ってます(^_^)v

会の始まりには青山副部長の挨拶を頂きました。すごくたくさん話しをして頂き、途中で井上会長から

「長い!」とやじられてましたが「普段喋らせてもらえないから今日は喋らせてもらう!」と

返しておられました。長い人に長いと言われるのもつらいと思いました。

斑鳩部長

懇親会ではみんな垣根もなく、和気あいあいとあつい語らいをしてくれてたように思います。

新しく入部してくれるみたいですし、本当に良い1日になりました。

今回、佳代ちゃんや斑鳩青年部との交流がありましたが、普段吉野町だけで行っている事業とは

ひと味違い、とても刺激的でした。新しい出会いもあり、新しい風がふく。またして欲しいと思います。

 最後に懇親会を企画してくださった総務委員会の皆さんお疲れ様でした。また、今回の事業に協力頂きました

県連の吉川さん、石川先生、名事務局の磯崎さん、中井顧問、佳代ちゃん、井上会長、青山副部長には

感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 

 


2009年11月18日(水曜日)

I Love Lunch

カテゴリー: - Sanzin Kamui @ 16時32分49秒

 

 

 

I Love Lunch!!

 

 

以前にも mixi で何度かご紹介したのですが、ニューヨークを拠点に街中でドッキリというかいろんなパフォーマンスをする集団Improve Everywhereの最新ミッション映像です。

 

今回は、あのアメリカの不動産王ドナルド・トランプのTrump Towerのアトリウムでいきなり「ランチ大好き!」をテーマにしたミュージカルを繰り広げました。

 

ただ、いつもと違ってNBCのハイテク装置で録画する必要があったのです。

 

どうしてかというと、今回のいたずらは、ニュース番組「Today Show」のニュースキャスターのAnn Curryを巻き込むドッキリだったそうです。

 

アトリウムにある植木やポップコーン売り場の反射ガラスの裏に合計7個のHDカメラを設置し、7人のスタッフが倉庫に間借りして作った巨大なコントロール・ルームから、それぞれ自分の担当エリアのHDカメラに接続したジョイスティックを駆使して記録したんです。

 

めがねのおじさんや、ガードマンまでもが歌いだした時は、一般の人は驚いたでしょうね。

 

楽しいサプライズですけど。

 

それにしてもAnn Curryさん流石です!

 

ちゃんとミュージカルに参加しちゃうんですから。

 

楽しそうなので、一度やってみたいです。

 

 


2009年11月17日(火曜日)

カテゴリー: - Sanzin Kamui @ 18時41分14秒

 

 

 

 

 

アメリカ・オバマ大統領が先週、天皇・皇后両陛下の元を訪れた際の様子がアメリカで物議を醸している。

両陛下に対し、深々とお辞儀をするオバマ大統領について、保守系テレビ局・FOXは、「外国の国家元首に対し、お辞儀をするのは不適切」と批判、「アメリカを代表する大統領が日本に従属しているような印象を与える」との専門家のインタビューを伝えた。また、ロサンゼルス・タイムズ紙は「世界の王室に対し、どこまで低姿勢になるのか」と皮肉っている。

国務省・ケリー報道官は16日、「オバマ大統領は初めて会った日本の国家元首に敬意を表した。

自然な反応だろう」と述べ、「オバマ大統領の行為は天皇への敬意の表れだ」とコメントしている。

————————————————————–

 

日本国と天皇皇后両陛下に対して大変失礼です!!

 

中華思想以上に「自分達が一番優れている」と思っています。

アメリカの言い分としたら、

「国家元首に上も下もない。あそこまで頭を下げなくても良い」

というところだろうけど、オバマは「郷に入っては郷に従え」

ということでしょう。

 

これは当たり前だ!!

 

それをアメリカの保守(糞ネオコンども)は

「アメリカを代表する大統領が日本に従属しているような印象を与える」

だと。

というのも失敬な話で、日本の国家元首であらせられる天皇・皇后両陛下は一般人にも国家元首にも国賓にも分け隔てなく頭を下げられます。

もちろん、アメリカの国家元首にも礼儀としてお辞儀をなさいます。
ということは、日本のことを属国だと思っているといことでは?
(思ってるやろうけど・・・)

 

 

 

しかし、世界の常識としては、

握手をしたら会釈はするが、深々と頭は下げない。

(あまり会釈もしないが・・・)

握手は堂々と胸を張ってするものだからだ。

握手をしながらの会釈や深々と頭を下げたお辞儀は、時に卑屈に見える場合がある。

日本人がよくやってしまう事である。

これからは、握手を求められたら、手を握る前に会釈をし、堂々と握手をしましょう。

オバマも、握手の前にお辞儀をしていたら、ここまで言われなかったのかもしれません。

 

 

 



2009年11月13日(金曜日)

風人園の里灯り製作

カテゴリー: - 大西 @ 22時13分24秒

11月15日(日)に開催される国栖の里歴史ウォークには国栖の里灯り特設会場が設置され、

国栖の里観光協会のメンバー全員に製作の命が下っている。

おととい少し作り始めた。もう時間がない!明日の夜は外出しなければならない!

今晩しか残されていない。

ありがたい事に、今日は近くの現場で5時過ぎに帰宅することが出来た。「さあ、やるか」

今回材料に竹を使うことにした。以前の山灯りと違って素材の縛りはないので、庭師らしく竹だ。

竹の中でも竹穂を使う。

竹穂

たくさんの竹穂から使える竹穂をより分けて加工をしてそろえていく。

製作中

根気良く。根気よく。根気。根気。

製作中2

節をそろえていかなければならないのだが、そんな暇はなかったので少し妥協(汗)

竹ぼうきをつくっているのかと揶揄されながらも若い衆の一人が手伝ってくれたこともあって

午後9時見事に完成した。出来はと言うと「なかなかの出来映えだ」と言っておこう(笑)

完成写真は15日の会場で撮ってからにする。こう御期待!

待てない方は15日国栖の里まで見に来てください。


2009年11月9日(月曜日)

経営革新セミナー 一日目

カテゴリー: - 大西 @ 20時44分26秒

 

 

経営革新セミナー 一日目

 

経営革新

11月5日吉野町商工会館にて経営革新セミナーを産業研修委員会企画のもと開催していただきました。

講師として中小企業診断士の石川先生をお招きし、16名の仲間と共にグループディスカッションを中心に行いました。

今回はそのメンバーに斑鳩町より奈良県青連会長であります井上会長にも無理無理参加していただきました。熱い熱い彼を是非とも吉野町のメンバーに紹介したかったのでお願いしたところ気持ち良くOKしてくださいました。

ありがとうございました。

経営革新2

 

さて、今回の経営革新セミナーですが、本来は何ヶ月もかかって認定を頂くという経営革新をわずか2日間で行うと言うのですから、ここで結果をというのは到底無理な話です。

ただ、石川先生もおっしゃっておりましたが、これから一生考え続けなくてはならないと言うことを念頭において、どんなことを考えていかなければならないのかを認識して欲しいと思います。

そして末永く生き残れる会社作りをしていただきたいと思います。

経営革新3

 

今回と次回のグループワークを各委員会単位でも実施してもらって、今回参加していない部員にも浸透させて欲しいものです。

経営意識の向上とメンバーシップの向上の一石二鳥ではないでしょうか?頑張りましょう!!

というか僕自身もっと頑張らなくては!!

経営革新4

経営革新5

経営革新6

 


2009年11月4日(水曜日)

お仕事

カテゴリー: - Sanzin Kamui @ 01時08分25秒

 

 

 

お仕事

 

 

吉野山に「白雲荘」というお茶室があります。

 

 

白雲荘 1

 

 

紆余曲折を経て現在は(財)吉野山保勝会が保有し、管理しています。

今度、そこでお茶会が行われるため、大西部長がお庭の手入れに来ていました。

お昼休みにお邪魔して、仕事の話伺い、仕事を見せてもらっていました。

 

 

白雲荘 2

 

 

職人さんのお仕事は、どれも奥が深いが、生き物を触る職人仕事はとても深く、長いスパンでの仕事となる。

自然の植物は、ほうっておいても自然に育つ。

しかし、目的に応じて人間の手の入った自然界の生き物は、人間が手を入れ続けなければならない。

「庭木を活かせて、生かす」

とても魅力的なお仕事だと感じました。

いろいろ、教えてもらったので、その話は長くなるのでまたどこかで・・・

 

 

白雲荘 3

 

 

 

白雲荘 4

 

 

 

白雲荘 5

 

 

 

白雲荘 6

 

「風人園」の若衆も身体をいっぱいに伸ばして仕事をしていました。

吉野町内で若者の雇用があるとはうらやましい。

 

 

 

 

今日の写真

 

 

 

白雲荘 7

 

 

 

 

白雲荘 8

 

 

 

 

白雲荘 9

 

 

 

 

白雲荘 10

 

 

 

 

白雲荘 11

 

 

 

 

白雲荘 12

 

 

 

 

白雲荘 13

 

 

 

 

白雲荘 14

 

 

 

 

白雲荘 15

 

 

 

 

白雲荘 16

 

 

 

 

白雲荘 17

 

 

 

 

白雲荘 18

 

 

 

 

白雲荘 19

 

 

 

 

白雲荘 20

 

 

白雲荘でした。

 

 

 


2009年11月3日(火曜日)

霜月

カテゴリー: - Sanzin Kamui @ 00時48分18秒

 

 

11月

 

桜の紅葉もぼちぼち終わり。

奥千本のモミジが色づき始めた。

 

 

桜紅葉 1

 

 

 

 

 

 

桜紅葉 2

 

 

 

 

 

 

桜紅葉 3

 

 

 

 

 

桜紅葉 4

 

 

 

 

 

桜紅葉 5

 

 

 

 


32 queries. 0.099 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress